今の時代、女性でも車を乗リこなす人が多いです♪

一昔前までは、運転といえば男性、女性は助手席に座っているというカップルが多かったものですが、今は違います。

ウーマンリブや男女の機会均等が叫ばれて久しい昨今、キビキビと車を運転する女性は増えています。

トロトロと自信無げに運転する姿はもう過去のもので、車を乗りこなしている格好良い、大人の女をよく見かけるようになりました。その車種もバラエティに富んでおり、小さいものばかりではなく、大きな車や個性的な一台を選ぶ人も多いです。

いつかは結婚して子供を産み、家庭に入るという固定観念に囚われない女性は確実に増えており、その生活スタイルは自由で多様になりました。

製造メーカーもそのあたりは感じているようで、女性をターゲットとした車や施策もたくさん見受けられます。男性の意識にも変化が生じており、自信を持って運転する女性を敬遠するような風潮は減りました。

むしろ、そういった自立した人に惹かれる男性の方が多い程です。

男性の後ろを三歩下がってついて行く、という図式はもう過去のものです。女性が強くなったと言えばそれまでですが、どちらかと言うと男女が対等な立場で向き合える社会の受け皿が整ったという方が適切かもしれません。

運転技術に優れているということは、それだけ普段から運転する機会が多いということです。

働く女性が増えたこと、子育て中の女性も車で活動的に出掛けることが増えたことが要因として考えられます。またそれに伴い、家族で出かける際も運転は交代でしたり、分担したりすることが増えたことも運転技術の向上に拍車をかけています。

逆に、家事や育児を男性が担当することも増えたので、これに関しては男が、とか女が、という縛りがなくなり、肩肘を張らない生活ができるようになったとも言えます。

キャッシング 審査通らない

このページの先頭へ